トップページ > 仕上がりの美しさ > 酸化染毛剤とヘアカラートリートメントの比較

酸化染毛剤とヘアカラートリートメントの比較

ヘアカラートリートメント
  • メリット

    頭皮や髪を傷めない
    素手で使えるので、手間がかからない
    髪を傷めないのでしっとり艶やかに染まる

  • デメリット

    徐々に色が落ちてくる
    酸化染毛剤より価格が高い

     

  • 安全性

    安全性が高く、素手で使える

  • ニオイ

    無臭
    良い香りのものもある

  • 色落ち

    徐々に色が落ちてくる

  • 総評

    準備が要らず、シャンプーのときにトリートメントとして使うだけなので簡単。 価格は少し高いが、使いきりでは無いのでトータルのコストは安い。

酸化染毛剤
  • メリット

    価格が安い
    一度でしっかり染める
    (やり直しができないのでデメリットにもなる)

  • デメリット

    刺激が強いので、染める前の準備に手間がかかる。(ビニール手袋、保護クリーム、ケープ、新聞紙など)
    髪を傷めパサパサ・ボロボロになる。使い続けると抜け毛や薄毛の原因に。

  • 安全性

    安全性は低い。ビニール手袋などが必要。

  • ニオイ

    嫌な臭い
    刺激臭

  • 色落ち

    色落ちがない

  • 総評

    一度にしっかり染めるために強い薬剤を使っているので、しっかりと準備をする必要がある。 色落ちが少ないので、一ヶ月に1~2回ほど染めるだけで良い。

仕上がりが美しいのはヘアカラートリートメント!

酸化染毛剤タイプはキューティクルを開くために、強アルカリ性になっています。そのため頭皮や髪を傷め、パサつく髪になります。 ヘアカラートリートメントは髪を傷めず、染めると同時に保湿するので、しっとり艶のある髪に仕上がります。 仕上がりの美しさで選ぶなら、断然ヘアカラートリートメント!!