おすすめの白髪染めの選び方

髪の悩みで多いのが白髪ですよね。初めて自分の頭に白髪を見つけた時はとてもショックでした。数本程度だったら、毛抜きで抜いてしまえば良いですが、徐々に白髪が目立ってくるとそうもいきません。そこで白髪の悩みを解消する手助けをしてくれるのが白髪染めです。 白髪染めにもいろいろな種類があります。強力に染めるようなものだと、髪や頭皮を傷めてしまいます。当サイトのおすすめとしては、頭皮や髪に優しいトリートメントタイプのものです。髪を洗うときに、トリートメントのように使うもので、手が荒れたり頭皮が痛むことがありません。使っているうちに自然な感じに染まってくるのも嬉しいポイントです。

多くの人が悩む、白髪染め3大ポイント

仕上がりの美しさ
美しい仕上がりのヘアカラートリートメント

しっかり染まっても髪がパサパサだと、年齢が上に見られます。しっとりツヤツヤに染める。

詳細はコチラ
安全性
安全な白髪染め

頭皮についてもヒリヒリしない!ビニール手袋不必要、素手で使える!

詳細はコチラ
手軽さ
手軽なヘアマニキュア

面倒なのはイヤ!ビニール手袋も保護クリームもいらない、簡単に染まるのはどれ?

詳細はコチラ

白髪染め 総合ランキング

順位 商品名 金額 商品詳細
ルプルプ
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
1,980円 ガゴメ昆布の白髪染め
高分子フコイダン+低分子フコイダンで、潤いを与えながらしっかり染める。
≪ルプルプ通販サイト≫ツヤツヤ潤う白髪染め
くろめヘアカラートリートメント
くろめヘアカラートリートメント
2,980円 安全で仕上がりがキレイ
ペリセアが髪を補修しながら染めるので、しっとり艶やかに仕上がる。
くろめヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント
3,150円 利尻昆布の白髪染め
天然利尻昆布をはじめ28種類の天然成分を贅沢に配合した白髪染め。
利尻ヘアカラートリートメント
エフキュア
エフキュアヘアカラートリートメント
3,360円 ヘッドスパ並みの美容成分
海藻エキス、フコイダン、植物エキスが全18種含まれた白髪染め
【無添加】ヘアカラートリートメントで手軽に白髪染め
レフィーネ
2,520円 選べるカラー7種類
シャンプー前、シャンプー後どちらでも使える。
レフィーネ

ルプルプ ヘアカラートリートメントがNo.1の理由

仕上がりの美しさと安全性が決め手!

多くの人が白髪染めを選ぶときの3大ポイントは、
仕上がりの美しさ
安全性
手軽さ
ルプルプ ヘアカラートリートメントは、仕上がりの美しさと安全性でNo.1。 手軽さに関してもトップクラスです。
だから、ルプルプ ヘアカラートリートメントを選べば間違いなし!


一目でわかる白髪染め比較表

比較 くろめヘアカラートリートメント ルプルプ 利尻ヘアカラートリートメント レフィーネ エフキュア

くろめヘアカラートリートメント

ルプルプ
 

利尻ヘアカラートリートメント

レフィーネ
 

エフキュア
 
金額 2,980円 1,980円 3,150円 2,520円 3,360円
仕上がりの美しさ
安全性
(髪・頭皮が傷まない)

1本の使用回数 14回 7~10回 15回 6~8回 10~15回
使用頻度 週1回 週1~2回 週1回~2週に1回 週2~3回 週2~3回
色の種類 3 3 3 7 2
1回あたりいくら 212円 198円 210円 315円 224円
ニオイ 無香料 無香料 無香料 花の香り 無香料

白髪染めのタイプについて

白髪を自宅で手軽に染められる白髪染めには、ヘアカラーやヘアマニキュア、トリートメントなどがあり、ヘアカラーはさらにムースタイプとクリームタイプに分けられます。このほかに、一時的に染めるだけの一時染めもあります。種類による特徴の違いを見ていきましょう。

もっともポピュラーなのはヘアカラーです。これは染料を髪の内側に浸透させて白髪を染めるというもの。よく染まり染めた色も長持ちしますが、髪や頭皮への負担が大きく、ぱさついたりきしんだりと傷むことがあります。

ヘアマニキュアは爪に塗るマニキュアと同じで、髪の表面に色をつけるというもの。コーティングしたようになりますので髪の手触りもつるつるしたものになります。ただしヘアカラーに比べると色が落ちやすい傾向にあります。

白髪染め用のトリートメントは、単に髪を染めるだけでなく髪を保護する成分が配合されているもの。ヘアカラーやヘアマニキュアのように即染まるものではなく、使うごとに徐々に染まっていきます。髪を傷める心配がありません。

一時染めは文字通り一時的に白髪を隠すためのもの。マスカラタイプやファンデーションタイプがあり、外出前に白髪に気がついた時などにさっと塗って隠すことができます。直ぐに色がつきますが、一時的なものなので洗髪するだけで落ちます。

刺激の強い白髪染めは髪や頭皮を傷めるのでダメ

刺激の強い白髪染めは髪や頭皮を傷めるので避けるべきです。髪はとてもデリケートに出来ています。髪は毛細血管からの栄養補給と酸素の補給によって細胞が作り出しているものです。そしてその細胞は自律神経によって制御されているようになっています。これら一つでもダメージを受けたりして出来なくなれば抜け毛などが始まることになります。どこかの血行不良が最も敏感に出てくるのが髪でもあるのです。

人は髪を見てその人の健康などを判断したりしています。それは体の異常が最も早くに外見として出てくるのがこの部位だからです。つまりそれだけデリケートに出来ているのがこの髪ということになります。そこに強い刺激を与えるとどうなるかは予想が付くでしょう。当然細胞にはダメージを与えることになり、血管にもダメージを与えて血行不良になりやすくなります。神経系にダメージを与えれば神経伝達が正常に行われなくなりこれが抜け毛となることは容易に想像することが出来るでしょう。

基本的に髪や頭皮に対して強い刺激を与える必要はありません。デリケートに出来ている部分ですから、何かをするにしても細心の注意を払いながらする必要があるところと考えて間違いありません。

髪や頭皮に優しい白髪染めトリートメントがおすすめ

白髪染めの染料は髪の毛にしっかり浸透させないといけないからか、頭皮に対して少なからずダメージがあります。頭皮にダメージを与えると抜け毛が増えたり、髪が細くなったりします。白髪を染めてきれいな色にしても髪が少なくなったり傷んでしまっては意味がないですよね。

目立つ伸びてきた白髪はすぐに染めたいものですが、頭皮へ蓄積されるダメージを考えると躊躇してしまうこともあります。 そこでおすすめしたいのが頭皮に優しい白髪染めです。 特に最近では髪を染めるだけでなく傷んだ髪をケアしてくれる白髪染めトリートメントが注目されています。

バイオテクノロジーの分野で、高い知名度を有するタカラバイオ株式会社とJコンテンツが共同で開発したLPLP(ルプルプ)は、そんな白髪や薄毛に悩む女性などにピッタリのトリートメント。地肌をクレンジングするジェル・シャンプーと共にトータルケアできるようシリーズ化されました。

このルプルプ白髪染めトリートメントの成分には、髪の毛の修復が期待できるフコイダンが配合されていますが、他製品と異なるところは3種類ものフコイダンが使用したところです。真昆布・利尻昆布には含まれていないガゴメ昆布特有の成分が傷んだ髪と地肌を修復してくれます。

ルプルプの使い方はシャンプー前に塗って20分放置するだけ。その後アミノ酸系・ノンシリコンの硫酸系以外のシャンプーで洗い流し、乾かすとしっかりとカラーが入っていることが確認できます。そしてラベンダーオイルのいい香りでフィニッシュ。白髪を染める成分、香りの成分共に頭皮に優しいものを使用、自然で爽やかな香りでしっかり染め上げてくれる白髪染めトリートメントです。ルプルプには男女の多くの髪色にフィットできるように4色のカラーが用意されています。